二次会景品での定番なものとは?

二次会景品の定番商品についてご紹介します

月別: 2018年4月

バリスタと海鮮グルメ

二次会景品として盛り上がるものに、バリスタがあります。バリスタはコーヒーを入れる機械の事です。最近はコンパクトになっていますから、自宅の台所にも気軽に置く事ができます。自宅で本格的なコーヒーが手軽に入れられる事が人気の理由です。

バリスタは機械だけでは意味がありません。コーヒーパックが必要です。二次会景品としてバリスタを用意する場合は、受け取ってすぐコーヒーを楽しめるようにコーヒーパックもセットにしましょう。コーヒーパックにも複数種類がありますから、サンプルも兼ねて色々なタイプのコーヒーパックが入ったセットだと特に喜ばれます。

海鮮グルメ食品系なら海鮮グルメもおすすめです。食品の利点は食べたらなくなることです。物は後々まで残りますから、人によっては収納スペースが圧迫されたりでかえって負担になる事もあります。

海鮮グルメで人気なのはカニやイクラ、数の子などの高級食材です。日持ちする干物も喜ばれます。喜ばれるコツは自分で買うのは勇気がいる高級品を選ぶ事です。予算もありますし必ずしも高い食品が喜ばれるわけではありませんが、普段食べているものを景品で貰っても面白くありません。少し高級なものを選ぶ事で二次会のゲームも盛り上がりますし、ゲストへの感謝も伝えられるでしょう。

テーマパークチケット

テーマパーク

一言でテーマパークチケットと言っても種類は様々です。テーマパーク自体が日本全国にいくつもありますから、それだけでも選択肢は広がります。景品としてテーマパークチケットを選ぶ場合は、どのテーマパークにするか決める必要があります。豪華なテーマパークが必ずしも喜ばれるとは限りません。場所によってはかえってゲストの負担になる場合もあります。これには正解がなく、ゲストの顔ぶれで一番喜ばれそうな場所を選ぶしかありません。

例えばゲストが全て地元の人なら、近場のテーマパークか日帰りで行ける距離のテーマパークにすれば負担がかかりません。近場にテーマパークがなくどうしても宿泊が必要になる場合は、日付指定のないオープンチケットにする事と半年以上の有効期限をつける事で、ゲストが余裕持って予定をたてられるように配慮します

勿論ゲストによっては、旅行も兼ねてあえて遠くのテーマパークに行きたいという人もいるでしょう。またテーマパークはそれぞれで個性がありますから、好き嫌いもあります。時期によって行きたいテーマパークが違う場合もあります。景品としてのテーマパークチケットの中には幾つかの候補の中から好きなテーマパークを選べるものもあります。

二次会の定番景品

二次会の幹事になって悩むのは景品選びでしょう。予算もありますし、ゲストの顔ぶれによって喜ばれる景品とそうでない景品があります。予算の多くを割く目玉商品はゲームの盛り上がりに大きく左右されますから、特に慎重になります。二次会の景品には定番商品があります。定番商品は今まで多くの人が認めてきた商品ですから、それだけ安心感もあります。二次会に参加するゲストは景品を楽しみにしている人も多いですから、外さない定番商品を入れる事はゲストの期待に応える事でもあります。

バリスタ喜ばれる景品として、テーマパークチケットがあります。これは特定のテーマパークに無料で入場できるチケットで、通常はアトラクションのフリーパスがセットになっています。オープンチケットなら有効期限内なら好きな時に遊びに行けますから、ゲストも使いやすいでしょう。

最近注目されている景品にバリスタがあります。バリスタはオフィスに設置されている事が多く、そこからバリスタで入れるコーヒーが好きになる人も多いです。毎日使えますから、当たればありがたい商品です。

海鮮グルメもおすすめです。海鮮グルメは個性を出せる商品でもあります。人気の海鮮グルメはカニですが、同じカニでも種類があります。イクラや数の子、干物もよく選ばれる海鮮グルメです。食品は食べたらなくなるためゲストが置き場所に悩む事もなく、人を選ばない所も魅力の一つです。ちなみに、二次会景品通販ショップのマイルームでは、5点と10点とセットで用意しています。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

どれが正解という事ではありません。最終的にどれを選ぶかはゲストの住所、年齢、家族構成から一番喜ばれそうな景品を選ぶようにします。